TOP > 施術事例 > 髪の静電気について

髪の静電気について

過去記事

こんにちは^ ^

郡山市の髪質改善美容室

『カミケンガレリア』

スタイリストの椎根悦行です。

 

今日は、髪に起こる静電気のお話をしたいと思います。

 

あなたは髪が静電気で、逆立ってしまったり。

顔に張り付いて離れないなんて経験はございませんか?

なんとなく嫌ですよね、静電気って。

僕自身も、車を降りるときなどかなり痛い思いをしております( ;∀;)

なぜ起こるのか原因を知っておきましょう!

 

 

 


原因① 髪の毛の乾燥

 

髪の毛の乾燥も静電気の原因に。

髪の毛自体にも水分があり、これが低い状態ですとパサパサになってしまいダメージに。

水分の少ない髪の毛は静電気が帯電しやすくなってしまい、ブラシッングされたりすると摩擦で静電気が起こりやすくなってしまいます。

 

髪の乾燥は、間違えたケアや紫外線などにより水分がなくなりやすくなってしまう場合もあります。

 

 

 

原因② 空気の乾燥

外の空気が乾燥しやすい、この季節は要注意です。

湿度が低いため、静電気が発生しやすいです( ;∀;)

 

室内も安全ではありません。

エアコンなどの暖房によってす室内も乾燥しやすくなってしまいます。

空気の乾燥により、湿度が低い状況ですと放電しづらくなってしまいますので、静電気の影響を受けやすくなってしまいます。

 

 

原因③ 体内の水分不足

 

 

体の中の水分も静電気には関係があります。

体の中が乾燥し、静電気がたまりやすくなってしまう方がいるようです( ;∀;)

体の乾燥は、お肌も乾燥してしまい頭皮も乾燥しやすく良いことはないです(/ _ ; )

 

 


これらを改善するには?

 

対策① 髪の乾燥を防止する。

まずは、髪の乾燥を防止していきましょう。

静電気が発生する原因が髪の乾燥なら、水分を補給してあげることです。

 

あなたの髪は水分を欲しがってます!!!

日々のケアで使用するシャンプー、トリートメントでしっかりケアを。

しているのにパサパサの方はケアアイテムの見直しを。

 

流さないトリートメントも付けてください!

併せて使用することで髪に水分を閉じ込めてくれます!

髪を乾かす前と、お出かけ前の朝などにつけるとより良いでしょう。

髪に潤いを与えてくれるケア重視のシャンプー、トリートメントを選ぶようにしてください。

わからない場合は椎根までご相談ください!

 

シャンプーの後は、きちんと乾かしましょう!

放っておくと髪の乾燥の原因に。

自然乾燥でなくドライヤーを使用しないと乾燥してしまいます。

 

対策② 空気の乾燥

空気の乾燥は、加湿器やストーブなどにやかんを置いたりして一定の湿度がある状態にしましょう。

濡れたタオルを部屋にかけておくなどでも代用できます。

空気が乾燥しやすい季節はなおさら気をつけないといけませんね。

 

対策③ 体内の乾燥

 

体の乾燥も防止したいですね。

あなたの体は水分を欲しています。

こまめに水分を補給することで、乾燥を防ぎたいですね。

喉が渇く前に、こまめに飲む癖をつけましょう!

喉が乾いてからだとカラカラですからね( ;∀;)

水分補給も忘れずに!!

 

対策④ 髪に触れる手を保湿

 

 

髪に触れる手が乾燥していても静電気が起きてしまう要因になりますので、手の保湿も大事です。

ハンドクリームなどでしっかり保湿しましょう!

 

 


 

いかがでしたか?

乾燥は、髪にとってもお肌にとっても一大事です( ;∀;)

気をつけている方も、今日知ったあなたも気をつけてみてくださいね^^

 

カミケンガレリアのヘアエステで定期的に頭皮環境を改善しつつ、日常でも気をつけることであなたの髪も美髪へ。

 

それではまた!

 

 


頭皮ケア、ヘアケアのご質問などございましたら、LINEからお気軽にご相談ください

↓↓↓

Instagramもやっております!

↓↓↓

いつでも予約ができるWEB予約アプリはこちら↓

https://1cs.jp/gcs/user/login.do?salonAccount=galleria

●kamiken.galleria(カミケンガレリア)

〒963-0204

福島県郡山市土瓜1−76−1ガレリアアッシュ1F

●営業時間 11:00~19:00(最終受付)

●定休日 毎週月曜日

●TEL 024-954-6525

●ホームページ https://kamiken.jp/shoplist/galleria

理容師・美容師さんへ

カミケンは働く理美容師さんを全力で応援します。

採用情報を見る