TOP > 施術事例 > [夏の終わりに気をつけたいこと]

[夏の終わりに気をつけたいこと]

過去記事

こんにちは。

 

福島市の美容室カミケン方木田店の平松です。

 

 

 

 

 

最近、少しずつですが暑さも和らいできましたね( ̄∀ ̄)

 

徐々に秋の気配が近づいているような気がします。

 

 

 

そんな夏の終わりに気をつけていただきたいことがあるんです!

 

 

 

ずばりダメージです!

 

 

 

 

 

夏はエアコンでの温度差や紫外線などによるダメージで髪や頭皮への負担が非常に多くなる時期なんです!

 

 

 

一言でダメージといっても様々なダメージがあるのですが、いまの時期は特に髪の乾燥がひどくなりやすいかと思います。

 

 

『湿気のある時期に乾燥?』

 

 

と思うかもしれませんが、意外と夏場は髪がパサつきやすい季節なんです。

 

 

原因の1つがまずエアコン。

 

 

 

 

 

髪の毛はキューティクルが開いたり閉じたりすることで常に髪の中の水分量を保っているのですが、エアコンなどで外との温度差があると空気中の水分量なども変わってしまい、うまく水分を保てなくなって乾燥してしまいます。

 

 

髪の毛はとにかく少しでも環境が変化してしまうと影響を受けてしまうのです。

 

 

それに加えて強烈な紫外線(T ^ T)

 

 

 

 

紫外線は髪の中に活性酸素を作り出し、メラニン色素を破壊します。すると髪は茶色くなりやはりパサついてきます。

要は髪を染めてるのと同じような状態になってしまいます。

 

 

外に出ることが多いという方が染めてもいないのに髪の毛が茶色くなってしまうことがありますが、それもこの紫外線が原因だったんですね!

 

 

 

 

以下のようなことが原因で気付けば夏の終わる頃にはパサついた状態の髪になってしまっているんです。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、どうしたらいいの?

 

数あるヘアケア商品の中から何を使えばいいのか?

 

 

 

 

 

 

 

◎保湿には内部補充タイプのトリートメントがベスト!

 

 

 

 

 

インバストリートメントと呼ばれるもので、いわゆる洗い流すタイプのトリートメントです!

 

 

 

最近はオイルなどのアウトバス(洗い流さないタイプ)トリートメントも主流ですが、

アウトバスは主に表面コーティングなどで手触りを向上させるといったものですので髪の内部の保湿にはさほど効果がありません。

逆につけすぎてコーティングが厚くなり髪が乾かなくなると、濡れてる時間が長くなってしまい余計に傷んでしまいますので注意してください。

 

 

 

 

保湿には髪の中にしっかりと浸透するトリートメントを使うことが一番です!

 

 

特にサロン専用のトリートメントなどは分子量も細かく通常よりも内部にしっかりと浸透しますし、軽めに仕上げたりしっとりまとまるように仕上げたりとカスタマイズも可能で、保湿もしながら扱いやすい髪質へと導くこともできたりします。

 

もちろんあわせて自宅でもトリートメントをしていただければさらに長持ちさせることも可能です。

 

 

 

 

 

これからの季節はちょうど変わり目の季節となってきますので、気分を変えてスタイルチェンジなどを考えることも多くなってくるかと思います。

 

 

 

 

そんな時に

 

『夏に受けたダメージで思うようなスタイルにならない!』

 

 

なんてことにならないように、いまの時期はいつものメニューにぜひトリートメントなどのヘアケアメニューも追加してみてください!

 

いつもしっかりとケアされている方もいつものケアのままでいいのか今一度髪の状態を確かめてみてください!

 

 

 

しっかりとケアをしておくことでこれからのヘアスタイルが絶対に作りやすくなると思います!!

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

ご相談やもっと詳しく知りたい方はLINE@からもご質問受け付けております

Instagramでヘアスタイルも公開中

◆kamiken.方木田店◆

〒960-8163

福島県福島市方木田字北1-5

◆営業時間 9時~22時 (最終受付)◆

◆定休日 毎週月曜日◆

理容師・美容師さんへ

カミケンは働く理美容師さんを全力で応援します。

採用情報を見る