TOP > 施術事例 > 湿気対策に取り入れたい美髪へのヘアケア

湿気対策に取り入れたい美髪へのヘアケア

過去記事

こんにちは!

福島県郡山市 半個室型マンツーマン対応の美容室 カミケンネクスト店 早番担当9時〜17時
最終受付 伊東です。

 

梅雨シーズンに入ってくる季節になってきました。
朝しっかりセットしても湿気で広がったり、うねったりと髪の毛の悩みは尽きませんよね。。。

 

こんなときは髪がまとまらない原因を知って適切なヘアケアを実践することが大切です。

 

雨で湿度が高い時期におすすめのヘアケアの方法を紹介していきます。

 

雨の日に髪が広がる・うねる原因

 

・水分を吸収しやすい髪質

髪の毛は水分を「吸収しやすい」髪質と「吸収しにくい」髪質に分けられます。

水分を吸収しやすい髪質のほうが
雨の日や梅雨になると湿気の影響を大きく受けるので髪の毛が広がったりうねったりしやすいです。

特にくせ毛や猫っ毛の方の多くが水分を吸収しやすい髪質を持っています。

 

・カラーやパーマなどによるダメージ

●カラーやパーマによるダメージ
●アイロンやコテなどによる熱ダメージ
●ブラッシングや枕によって生じる摩擦ダメージ
●日光による紫外線ダメージ

 

ダメージが蓄積すると髪の表面を覆って外部の刺激から毛髪の内部を守るキューティクルが傷付いて髪が水分を吸収しやすくなってしまいます。

その結果、湿気の多い日は髪が水分を吸って
さまざまな髪悩みを引き起こします。

 

お客様を例にしてみていきましょう。

 

before

 

 

繰り返しのカラーによって髪がダメージを受けて「パサつき」「横に広がる」「毛先のからみ」が気になっているのが一番のお悩みポイント。

さらに、髪がまとまりにくいのでヘアアイロンを使用することも多く、熱ダメージも受けているようです。

 

雨の日や梅雨シーズンにおすすめのヘアケアのポイント 〜サロンケア〜

 

ヘアエステコース…頭皮環境を整えててツヤのある健康的な髪へ導いていくコースです。

頭皮の状態をチェック→頭皮クレンジング →ヘッドスパ→ツヤ髪集中ケアトリートメント→アフターケア…の順番で進めていきます。

 

after

 

 

約30分間のヘアエステ後、洗い流さないトリートメントをつけてハンドドライだけで乾かした状態です。

髪の広がりがなかったかのようなサラっとなめらかな手触りに仕上がりに。

トップから毛先までツヤが出ています。

 

髪の広がりを防ぐためには髪にしっかりと潤いを与えることがポイントです。

洗い流すトリートメントだけでなく、ドライ前に洗い流さないトリートメントも取り入れてみましょう。

髪に湿気が入り込む隙間をなくし、広がりを抑える効果が期待できますよ。

 

 

雨の日や梅雨時に限らずに髪の悩みに応じたヘアケア(ヘアエステ)を1度受けてみてはいかがでしょうか。

 

定期的な「髪エステのメンテナンス」を受けるだけで年間を通じてきれいでまとまりのいい髪にすることができます。

 

本格的な梅雨シーズンを迎える前に自分の髪質を知ってヘアケアを見直す機会にしてみてください。

 

理容師・美容師さんへ

カミケンは働く理美容師さんを全力で応援します。

採用情報を見る